日本の接客は世界遺産である – ハフィントンポスト

「丁寧 語源」について話しながら歩いている人がいて、

ちょっと調べてみたらこんな記事があった。

日本の接客は世界遺産である – ハフィントンポスト


ハフィントンポスト

日本の接客は世界遺産である
ハフィントンポスト
丁寧な接客や挨拶を支えているのは「お客様は神様」の精神なら、観光客ももちろん対象になってくる。地方も国も財政赤字が続いている日本 … お互いに時間のゆとりがあったら、「ありがとう」はどういう語源なのかのうんちくも語ってみましょう。さすがにそこまで知っている外国人 …

記事引用元
日本の接客は世界遺産である – ハフィントンポスト

カウンターがおすすめの和食店 所作の一挙手一投足が美しい板前 – livedoor


livedoor

カウンターがおすすめの和食店 所作の一挙手一投足が美しい板前
livedoor
語源としては板=まな板を指すが、この際意味を拡大してカウンターのこととしよう。その前で仕事をするのが「板前」で、その長が「板長」。 彼らの仕事はお客様にお見せすることが前提となっているゆえ、包丁を引く、シャリを握るなど、その所作の一挙手一投足にまで美しくあること …

and more »

記事引用元
カウンターがおすすめの和食店 所作の一挙手一投足が美しい板前 – livedoor

「丁寧 語源」に面白さを感じてる。

もっと調べてるね。

(^_^)/~

コメントは受け付けていません。