「梅は桜の前座じゃない!」江戸時代は梅の花見が「通」だった? 連載11 – 老友新聞社

「梅の別名」についてラジオで話していたのだけど聞き損ねてしまったので、

ちょっと調べてみたらこんな記事があった。

[PR]MA-1 メンズ/メンズファッション/ボンバージャケット ミリタリージャケット フライトジャケット ストレッチ 綿麻 撥水 機能性 [zip-cs]【16112…

[PR]★送料無料★明治)ほほえみ大缶800g×8缶【粉ミルク】【チラシ】

「梅は桜の前座じゃない!」江戸時代は梅の花見が「通」だった? 連載11 – 老友新聞社


老友新聞社

「梅は桜の前座じゃない!」江戸時代は梅の花見が「通」だった? 連載11
老友新聞社
私達現代人にとってはあまりピンと来ませんが、二月の別名は《梅見月》といいます。お花見となると、今ではほとんどの日本人の支持率は梅よりも桜の方が圧倒的に高く、「梅は咲いたか桜はまだかいな」と歌われるように、どうしても梅は前座で、桜を主任に見立てているため …

記事引用元
「梅は桜の前座じゃない!」江戸時代は梅の花見が「通」だった? 連載11 – 老友新聞社

昨日妻に御呼ばれされて 

鏡石町付近のなぞのレストランに行って晩ご飯を食べたんです 

 

見た感じはん〜〜〜〜・・・。 

という印象だったのですが錦糸玉子 が凄く美味しかったのです 

また、食べに行きま〜す♪
今日のところは以上です♪ 

ではまた! 

、、、、話はかわって、こちらの記事も気になっているんだ

【辺境音楽マニア】日本から最も近い白人文化圏「サハリン」のメタル事情 – エキサイトニュース

コメントは受け付けていません。